【Vine】動画でツイート出来るアプリ”Vine”の使い道は無限大!

まずはこちらをご覧下さい!

スヌ「おお!ぼくがぼくにチュウしてる(*´ω`*)」

スポンサーリンク

”6秒間の動画”を誰でも気軽に共有出来るアプリ『Vine』を紹介します!

まずは登録の方法を
※僕(@cocorolink164)の仕様端末はkindle fire HDです。

ツイッターアカウントを持ってる方は、アカウント名を入力して連携させればそれでOKです!

メールアドレスでも登録可能で、

アイコンと名前(アルファベットでないとだめみたい)を決め、
メールアドレスとパスワードを入力すると登録完了です。
電話番号はなしで大丈夫。

動画の撮り方を説明します!

撮り方も簡単で、”画面をタッチしてる間”だけ、動画が進みます。
これがポイントで、単純に6秒の動画も撮れますし、
画面を何回も短くタッチして上で紹介した”パラパラ漫画”みたいにすることも出来ます。

パラパラ漫画にするときの便利機能がこの”ゴースト”みたいなマークのボタン。

ここにチェックを入れると、最後に撮った部分が薄く画面に残るので、
次の始まりの参考に出来ます。

この機能のおかげで、少しずつ変化する動画が作れるわけです!

そのまま即ツイッターで共有出来る!

動画が完成したら、『Vine』自体にもフォロー、フォロワーなどの機能がありますが、今は殆ど外国の方です。

ですが、ツイッターとも連携してるので、”動画作成→ツイッターに投稿”といった流れが簡単に出来ます!

使い方を考えてみた。

ツイッターで今の気持ちを動画で”ズドン”と伝えられる。
動画なので感情をダイレクトに!

何か”珍しいもの”(UFOとか)をみたときにすぐ動画で伝えられる。

今流行りの”まかんこうさっぽう”を動画で作れる(毎回跳ばないといけないので大変)

文字入力が面倒なときに”さっ”と動画で呟ける。

”この曲イイヨー”と6秒間だけ音楽をおすすめ出来る。


等などいくらでも使い道はありそう!

見る側は”クリックしてリンクに跳ぶ”といったワンアクションすらいらない。

色々情報をありすぎる世の中なので、みんな時間がないんです。
でもこの6秒くらいなら見てもらえるのではないでしょうか?
スヌとキンドル
スヌ「みんなぼくの動画色々作ってみてや~」

スヌーピー「こころに残ったらシェア頼んます!」
follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事もいかがですか?

この記事の関連カテゴリ

プロフィール

プロフィール画像べーくんと申します。 このブログは『どこを読んでもおもしろい、ためになる』を目指し運営しております。そしてスヌーピーと関係のない記事に画像をさりげなく挿入し、スヌーピーのファンを増やすまったく新しいマーケティングに挑戦中。
さらに詳しい運営についてはこちらへ。感想、意見、依頼などありましたら、下記からご連絡ください。

RSSフィード