【スタバって素敵】スターバックスに習う接客力が高い店にはいいお客さんしか来なくなる法則

スターバックスの店内にいるスヌーピー

カフェ”スターバックス”ってとにかく落ち着きます。なんてったってスタッフさんの接客がいい。雰囲気がとてもいい。人が集まる。だからその分少し値段が高い。すると利益を出しやすい。だから人件費に費用をさけてもっと接客がよくなる。こんな好循環があるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

スタバに習う接客力が高い店にはいいお客さんしか来なくなる好循環の法則

とにかく接客がいい

予約席にしてくれた

最近してもらった接客で感動したのが、先に席に空きがあるかを確認してくれて、注文中に席を取られないよう予約席の札を置いてくれたことですね。僕は荷物をおいて席を取っておくのは恐くてできないので、これはめっちゃ嬉しかった。

長居を許す

また、満席時でも長居するお客さんを帰すようなことってするのってない気がします。これは滞在の長さに関わると思いますが、1時間くらいならコーヒー1杯でも何も言われませんよね。

雰囲気がいいのでそれを求めるお客さんが来てくれるようになる

あえてスタバを選ぶお客さんがいる

接客もよいし、雰囲気もいい。で、少し値段を高く設定してるだけあって、いいお客さんが集まってるように感じます。好循環ですね。さらにはスタッフさんの会話術がかなり上手いためそのスタッフさんに会いに行く方もいるくらいです。

スタッフが喋りかけてくれるので悪いお客さんは寄り付きにくい

あと、一言を付け加える接客を心がけてるんだと思います。初めて行ったスタバでも、寒そうにしていたら「今日は寒いですね」とか平気で言ってきてくれます。これにもかなりの感動を覚えました。

こういう雰囲気のいい店には悪いお客さんってのは行きにくいもんなんでしょうね~。だから接客もしやすくスタッフのモチベーションの維持にも繋がってるので、さらにまたいい接客を続けられているんだと思います。

いい接客をしているところには好循環が生まれる

結果、スタッフも楽しい、お客さんも楽しいといった関係が生まれお互いがハッピーな環境を作り出しているのが、スターバックスなのではないかなぁと、感じました。

もちろんもっと高級なコーヒー店に行けばもっといい環境を味わえますが、スタバみたいな大衆的なお店があんなに雰囲気がいいというのは、やはりすごいことなんだと思います。

おまけ – 『どうしても飲めないスヌーピー』

「これどうやって飲むん?」

飲めないスヌーピー



うーんと、”ストロー”って知ってる?(^_^;)

スヌーピー「こころに残ったらシェア頼んます!」
follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事もいかがですか?

この記事の関連カテゴリ

プロフィール

プロフィール画像べーくんと申します。 このブログは『どこを読んでもおもしろい、ためになる』を目指し運営しております。そしてスヌーピーと関係のない記事に画像をさりげなく挿入し、スヌーピーのファンを増やすまったく新しいマーケティングに挑戦中。
さらに詳しい運営についてはこちらへ。感想、意見、依頼などありましたら、下記からご連絡ください。

RSSフィード