再生数2億回を超える曲『The Fox』が日本人に受けない理由は『Mr.ビーン』に通じるものがあるから

The Fox

fjmk blogさんのこの記事の「音楽には非言語性が大事」という主張を読んで、ものすごく納得、というかその通りだと思ったのですが、、どうしてもこの『The Fox』という曲が好きになれない、というかおもんないんす。。何故か?それは僕が日本人だからです。

スポンサーリンク

『The Fox』が日本人に受けない理由は『Mr.ビーン』に通じるものがあるから

『The Fox』はこんな曲

A,Bメロは綺麗なんですがサビでばかっぽくなります。歌詞は「犬はワンと鳴く、猫はニャー、、、じゃあキツネは?」って感じで、サビでキツネの鳴き声の例えを擬音で表しメロディーに乗せています。まぁ歌詞に意味はありませんがヒット曲というのはそこは重要ではないので言及しません。

2:04がこの曲の象徴

この曲の象徴とも言える部分がここです。「きゃきゃっきゃきゃっ、、」とちょっと奇声っぽく歌ってるところですね。僕はここが一番ひきます。

ベタすぎる

当時『Mr.ビーン』が流行ってたとき、日本人はこぞっておもろないと言っていました。それはこの笑いがベタで単純だったからです。

単純な笑いを日本人は好まない

日本は緻密に言葉を考え頭で笑わします。そして、頭を使った笑いの方が日本では圧倒的に受けます。

海外はベタな笑いが好まれる

海外は体を張ったり単純な笑いが多いです。これは冒頭の「非言語性が大事」というのを意識してるからだと思います。この曲はまさにそれです。

結果、日本人には『The Fox』は受けない

これは間違いありません。「じゃあこの曲を日本人が好きになれないということは世界でヒットするような曲も出ないのか?」というとそんなことはありません。

日本からもヒット曲はでる

韓国語の『江南スタイル』が流行ったやないか!

この曲から「非言語性が大事」というのは明確です。韓国語でありながら18億再生されてますからね。キャッチーなメロディーとベタではない奇抜なダンスでこの地位を勝ち取れるのだから日本語でも大丈夫!

曲を知ってもらう工夫が大事

『江南スタイル』は無料でMVを観れてしまいます。日本も『曲の売り上げで儲ける』というよりプロモーションとして曲を聴いてもらうことに重点を置くのはどうでしょう?

いい曲なら口コミでどんどん広がります。そうなるとライブ、グッズ、印税、あとYouTubeの広告収入などでも収益は出せます。まずはいい曲を作り、たくさんの人に聴いてもらう工夫を考えましょう。そこから全てが始まるのではないでしょうか?

最後に

途中から話が逸れたので戻します。何回も言いますがヒット曲には「非言語性が大事」です。でも『The Fox』は日本人にはベタすぎるため受けないよという話でした。

そして全部が全部こういった曲になってほしくはないですね。人生を変えるほど影響力のある曲はいつだって『歌詞』がその人のこころに響いた曲なんですから。

僕のこころに響いた曲『Syrup16g – Reborn』

Syrup 16g Reborn 歌詞

おまけ

「ワン!」

お、スヌーピーは犬やから「ワン」って鳴くんやな(*´ω`*)

数字を見るスヌーピー
「ツー、スリー、フォー、ファイブ!」




これ以上ないベタベタのオチ!!(;゚Д゚)

スヌーピー「こころに残ったらシェア頼んます!」
follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事もいかがですか?

この記事の関連カテゴリ

プロフィール

プロフィール画像べーくんと申します。 このブログは『どこを読んでもおもしろい、ためになる』を目指し運営しております。そしてスヌーピーと関係のない記事に画像をさりげなく挿入し、スヌーピーのファンを増やすまったく新しいマーケティングに挑戦中。
さらに詳しい運営についてはこちらへ。感想、意見、依頼などありましたら、下記からご連絡ください。

RSSフィード