【ボーカロイドが音楽教育に導入】結果、良質な歌が増えます!

ボーカロイドが音楽教育に導入

「みんながみんな作曲できる世の中になるで!」

先日のBUMP OF CHICKENと初音ミクのコラボに続きボーカロイドにとって喜ばしいニュースが入りました!これについて今後音楽界やボカロ界がどうなるかを書いてます!

スポンサーリンク

ボーカロイドが音楽教育に導入されるということ

音楽の授業にボーカロイドが導入されるというニュース

音符と歌詞を入力するだけで歌が作れる「ボーカロイド」。仮想アイドル「初音ミク」などの人気キャラクターも誕生、インターネットを中心に普及し、日本を代表するポップカルチャーに成長した。

その「ボカロ」を音楽の授業に取り入れたり、曲の制作者を養成するコースを大学が設けたりと、教育現場で導入の動きが出ている。

徳島市の私立四国大は2015年度から、2年制の音楽科にボカロ曲制作コースを新設する。

参照:時事ドットコム

いや~まじでいいニュースですこれ。今後ボーカロイドが一般にもっともっと普及していくことは間違いないですね。

結果、良質な歌が増えます

これまでは歌を形にするには誰かに歌ってもらわないとできなかったのに、ボーカロイドに歌ってもらうことで”作曲すること”の敷居がめちゃくちゃに下がりました。たくさんの人の作曲を始める手助けになったと思います。この功績はほんとすごいです。

これが教育として使われるということは、さらにたくさんの人が作曲をやってみる人が増え、そのまま音楽の道を歩む人がでてくると思います。

作曲家の人口が増えれば増えるほど、結果としていい歌を作る人が生まれる可能性は高まるでしょう。これから楽しみですね。

新しい風を吹かす作曲家がボカロ界にもくるかも

以前この記事(バンプとのコラボで狭い世界から一歩出れた初音ミク)で述べた通り、今のボーカロイドで作曲してる人たちは非常に狭い世界にいるので、外部から新しい人が増えると、幅の広い音楽が生まれてくれるでしょう。

初音ミクと歌が好きな自分としては、ボーカロイドが楽器化してる今のボカロ界には響くものがないので、今後ちゃんと”歌”を作る人が増える可能性が高まるこの施策には大賛成です!

まだ音楽科を選考した人にだけかもしれませんが、今後小学校とかの音楽の授業でも導入される日がくるかもしれませんね♪

いやほんとそれぐらい”作曲すること”の敷居を下げてくれたんですよ、ボーカロイドって(*´ω`*)

おまけ『期待』

「今からミクさんのライブ」

スヌーピーと初音ミク

えらい近いところで見れるんやな(; ・`ω・´)

スヌーピー「こころに残ったらシェア頼んます!」
follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事もいかがですか?

この記事の関連カテゴリ

プロフィール

プロフィール画像べーくんと申します。 このブログは『どこを読んでもおもしろい、ためになる』を目指し運営しております。そしてスヌーピーと関係のない記事に画像をさりげなく挿入し、スヌーピーのファンを増やすまったく新しいマーケティングに挑戦中。
さらに詳しい運営についてはこちらへ。感想、意見、依頼などありましたら、下記からご連絡ください。

RSSフィード