『アナと雪の女王』の感想。ディズニー史上最高の愛がテーマの映画!

『アナと雪の女王』の感想

「れりごー♪れりごー♪」

ディズニー映画最新作の『アナと雪の女王』を見てきました!字幕版での感想です。愛がテーマのディズニー映画最高の作品と断言します!

スポンサーリンク

『アナと雪の女王』の感想

あらすじ

主人公エルサ(姉)は氷を操る魔法のような能力持ってるのですが、それを制御できずにもう一人の主人公アナ(妹)を傷つけてしまいます。

もうそんなことにならないように、また能力が周りにバレないように自分を隔離するように生きてきましたが、あることがきっかけで能力を暴走させてしまい、国を凍らせて逃げてしまいます。

そんな姉のエルサを救うべくアナは雪山に向かう。

ミュージカル部分がよすぎた

ドラマティック・ミュージカルと言ってるだけあって物語冒頭から歌がふんだんに盛り込まれていました。

あまりミュージカルに興味はありませんが、2人で掛け合いながら歌うシーンは圧巻です。「ミュージカルって楽しそう」って思えるほどの感動を与えてくれました。

テーマ曲『Let It Go』が神曲

今回は字幕で見たので上のイディナ・メンゼルバージョンでした。この曲のための、このシーンのための映画といっても過言でないほどの歌です。あと、イントロが神。

エルサの隠していた能力がバレて逃げ込んできた雪山で歌う曲で、この動画だけ見ると曲調自体はパワフルで歌詞も前向きな感じに聞こえます。が、映画を見てるとものすごい切ない曲になります。

色んなことを考えさせられる名シーン、必見です。

松たか子さんバージョンでもっかい映画館で聞きたい

…松たか子さんってこんなに歌が上手いですね。。本気でびっくりです。英語版ももちろんいいのですが、歌詞が頭に入ってくるぶん歌自体は松さんバージョンの方が好きですね。これはもう一回映画館に行きたくなるレベルです、まじで。

雪だるまの”オラフ”がかわいすぎる

『アナと雪の女王』オラフ
僕はスヌーピーが好きなんで”オラフ”という名前のキャラクターには注目していました。感想はめちゃくちゃにかわいい。そして面白い。雪だるまのくせになんでこんなに心を温かいものにしてくれるんだよ!

けっこう悲劇的な話なのにこういったキャラクターがいるから笑えるんですよね~。しかもこの子関連の話で泣いてしないそうになるシーンもあったりで、必要不可欠なキャラクターです。

ストーリーがディズニー定番でありながら新しかった

これはネタバレになるので深く言えませんが、僕は映画を見ながら「最後はああなってああなんのやろな~」と今までのディズニー映画から想像してましたが、「まじかっ!」というラストでした。

でも確かにこのエンディングが一番しっくりするし、ディズニーの新しいものをみせてもらえてよかった。

要望があるとすれば

否定的な意見ではないのですが、あと1時間長くなってもいいのでエルサとアナの葛藤的な部分をもっともっと掘り下げて見たいという思いがあります。

最後はもちろんハッピーエンドでいいのですが、2時間くらいの枠ではどうしてもこの2人の悩み、特にエルサの心の傷や思いなどの部分にスポットを当てた場面が少ない。それがあればよりラストでの感動が大きいものになったのかなぁと思います。

愛や恋愛がテーマのディズニー映画では文句なく一番いい!

ディズニーの愛がテーマの映画はだいたい見てきましたが、何故かそこまで感動がなかった原因がこの『アナと雪の女王』を見てはっきりしました。それはラストが定番すぎたからなんですね。

といってもこの映画のラストも意外過ぎるものではないですが、ディズニーも新しいことに挑戦してることが伝わるし、でも愛がしっかりと物語の核と描かれています。素晴らしい映画。

そして何回も言いますが、テーマ曲『Let It Go』が神曲です!映画館でぜひ肌で感じてほしいです(≧▽≦)

おまけ『オラフ違い』

「あれ?…オラフ…やせた?」

オラフ違い

オラフ、変わったな~(^_^;)

スヌーピー「こころに残ったらシェア頼んます!」
follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事もいかがですか?

この記事の関連カテゴリ

プロフィール

プロフィール画像べーくんと申します。 このブログは『どこを読んでもおもしろい、ためになる』を目指し運営しております。そしてスヌーピーと関係のない記事に画像をさりげなく挿入し、スヌーピーのファンを増やすまったく新しいマーケティングに挑戦中。
さらに詳しい運営についてはこちらへ。感想、意見、依頼などありましたら、下記からご連絡ください。

RSSフィード