【関西弁が”きつい”と思ってるあなたへ】それはきちんと翻訳を出来てないからですよ!

関西弁が”きつい”と思ってるあなたへ

関西人の僕が東京に来て一番驚いたのが、普段通り喋ってると自分の意図しないところで怒らしてしまうことが多々ありました。何故か分からずにずっとずっと悩んでましたが、ようやく分かりました。標準語と関西弁はそもそも違う言語なので、会話が成り立ってなかったんです。

スポンサーリンク

関西弁が”きつい”と思ってるあなたへ

標準語と関西弁はそもそも違う言語

これは、『女は3語であやつれない』という本で女性と男性の言語はそもそも違うということを勉強したときに気付きました。「だからか!だからあの時あの人はあんな顔を真っ赤にしてあんな怒ってたんか!」、と。

では、ここから関西弁でよく使う言葉を標準語に翻訳していくので、関西人じゃない方もこれを読んで「ん?…あぁ!あの関西人ひどいこと言ってたけどこういうことだったのか!」と理解していただけると幸いです。

例えば「あほちゃう?」

これはほんと挨拶みたいなもんなんですよ。なので、「あほちゃう?」を標準語に翻訳すると「こんにちは」です。わかりましたか?では会話一例をどうぞ。

標「こんにちは」

関「あほちゃう?(こんにちは)」

いかがでしょうか?しっかり翻訳が出来たら普通の会話に聞こえましたよね。そういうことなんです。これくらい普通に「あほ」だの「ぼけ」だの「帰れ」などの言葉を使うのが関西人なんです。

”ツッコミ”も日常の会話

スヌーピーにツッコミを入れるペンギン
「なんでやねん!」

これもびっくりしたことの一つです。ツッコミを入れると東京の人はバカにされたと勘違いしてしまう方が多いようです。でもこれは「その”笑い”、もっと広げたろ!」とか「大丈夫!すべってしまっても俺がツッコミでフォローするで!」といった感情でツッコんでるんです。

”ツッコミ”は愛

これほど慈愛に満ちた行為はありません。なので、ツッコミが入り笑いが起きたら「おいしい思いさせてもらってありがとう!」と感じていただけるとたいへん嬉しいです。

今後は常に脳内で変換をすると楽になれますよ

関西人に「あほちゃう?」と言われたら挨拶なんで、関西人風に挨拶を返してあげましょう。「お前に言われたないわ」これでOKです!

または「なんでやねん!」とツッコまれたら「おいしい思いさせてもらったわ!」と脳内変換したらOKです!簡単でしょ?

それでは、この関西人を末永くよろしくお願いします(*´ω`*)

おまけ – 『ツッコミを入れるスヌーピー』

「なんでやね~ん!」

ツッコミを入れるスヌーピー

なんでやね~ん(*´ω`*)

スヌーピー「こころに残ったらシェア頼んます!」
follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事もいかがですか?

この記事の関連カテゴリ

プロフィール

プロフィール画像べーくんと申します。 このブログは『どこを読んでもおもしろい、ためになる』を目指し運営しております。そしてスヌーピーと関係のない記事に画像をさりげなく挿入し、スヌーピーのファンを増やすまったく新しいマーケティングに挑戦中。
さらに詳しい運営についてはこちらへ。感想、意見、依頼などありましたら、下記からご連絡ください。

RSSフィード