【僕が左利きで”得”した事11選】定番のあるある”駅の改札”はもう慣れてて苦ではないです!

左利きで”得”した事

僕、べーくん(@cocorolink164)は鉛筆だけは右に矯正してもらってます(何故かギターも)が、基本左利きです。そんな僕が左利きでよかったと思える事をお伝え致します。

スポンサーリンク

左利きでよかった事11選

スヌーピー「いってみよー!」

とりあえず「左利きなん!?」って言われ、話題のきっかけになる。

「きたー!」って感じですね。で、「えー?でも不便やで。」と入り、とっておきのあるあるネタを披露出来ます。これはおいしい!

スヌーピー 「話題のきっかけになるのは便利やね!」

で、「へー、そうなんや」って言われる。

で、結局右利きの人には伝わらず、会話が終わる。

スヌーピー「ま、まぁ話が出来たからよしとしよう、次!」

”左利きあるある”で、「改札がめんどくさい」ってよくでるが、実際は慣れてるので問題はない。でもしっかりネタにはする。

スイカとスヌーピー

子どものころからずっと経験してるから、実は全然慣れてます。持ち替えめっちゃ素早いです。それどころか左手で切符入れたりタッチ出来ます。

スヌーピー「まじで!?あれネタやったん!?」

しっかり熟成された”ネタ”でした!

ハサミも同じく。

ハサミとスヌーピー
”くいっ”

親指で”くいっ”て引きながら切るのにも、慣れました。むしろ左利き用ハサミの方が左利き用ではない罠

歌のタイトルにもなってしまう。

”レフティ”って単語、かっこよくない!?

「じぶん、レフティなんや」とか言われるとちょっと優越感を感じます。

スヌーピー「言ってる方も”ドヤ顔”してそうな単語やな」

”サウスポー”も、かっこよくない!?

「サウスポーと戦うん初めてやわ~」とか言われるとちょっと優越感を感じます。

スヌーピー「実際スポーツの世界でも左利きは少ないから、それだけで有利ってことはあるよな。」

右脳が発達しやすく”芸術肌”って言われる。

脳とスヌーピー

脳は、左脳が”理論的”、右脳が”感覚的”な役割を持っています。それと、左手は右脳が司っています。ですので、左手をよく使うと右脳が発達し、”感覚的”なことに強くなります。結果、芸術的な感覚が養われるわけです!詳しくはこちら(右脳の働きと効果! 右脳を鍛える)へGO!

スヌーピー「たしかに、”芸術肌”ってかっこいいよなぁ」

左利きの人を発見するのが速い。

スヌーピー
スヌーピー「ばれたか!」

異常に速いです、実際。

左利きの人に妙に親近感がわく。

なでられるスヌーピー 
スヌーピー「なでられるの嬉しい」

一気に近づいた錯覚に陥ります。少々危険です。

右利きの人と手を繋ぐと、お互い利き手が余り”幸せ”(*´ω`*)

ダンボーとスヌーピー
スヌーピー「今日はどこいく?」

デートのときとか、ね(*´ω`*)

まとめ

”あるある”も混ざってましたが如何だったでしょうか?僕は鉛筆を右に矯正されてるので、完全なる左利きの方とは違うかもですが、思い返せば”得”をしてる事の方が多いように感じます。

スヌーピー「今からでも遅くない!さぁみんなも”左利き”になろう!」

 

なれんの( ̄□ ̄;)!?

参照

スヌーピー「こころに残ったらシェア頼んます!」
follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事もいかがですか?

この記事の関連カテゴリ

プロフィール

プロフィール画像べーくんと申します。 このブログは『どこを読んでもおもしろい、ためになる』を目指し運営しております。そしてスヌーピーと関係のない記事に画像をさりげなく挿入し、スヌーピーのファンを増やすまったく新しいマーケティングに挑戦中。
さらに詳しい運営についてはこちらへ。感想、意見、依頼などありましたら、下記からご連絡ください。

RSSフィード