【寝ることの重要性】睡眠時間を削ってまで長く作業するよりたくさん寝て一気集中した方が明らかに効率がいい!

寝ることの重要性

みなさん、寝る間を惜しんでまで作業をしてませんか?でもそれだと結局効率が悪くなりますよ?ここでは寝ることの重要性と、睡眠時間を削るとどうなるかを述べてます。

スポンサーリンク

寝ることの重要性

実際に睡眠時間を削ってみた

今その、”睡眠時間が短い状態”なんで、一週間くらい4時間しか寝てません。20代前半くらいまでは「俺また徹夜なんやけどw」と寝てない自慢をよくしたものですが、30代ともなるとそうはいきません。とにかく眠い。。

信じられないミスを連発

ミスが続きます。信じられないミスを連発します。お金をばらまいたり平気でします。で、そんなもんだからイライラしてきて雑になってまたミス。。。(`Д´)ムキー

結果、睡眠時間を短くすると効率が落ちます

やりたいことがあるけど寝る時間を削ってまでやると、結局効率が悪くなり自分を苦しめることになる。なので睡眠時間を削ってまで何かをするという行為は結局時間を無駄にしてしまうことになると分かりました。

しっかり寝つつ、やりたいことをやるには

しっかり寝てるスヌーピー

やりたいことがあるから寝れない

「じゃあなんもせず寝たらいいのでは?」という声があるとは思いますが、ところがそういうわけにもいかない。それは人間にはやりたい(やるべき)ことがあるからだ。僕だったらこのブログの更新です。これがないと生きてる意味がないです。なので、これは優先させたいところ。

時間制限をもうけて集中してやる

どんなことにもこの”時間制限をもうける”のが一番大事なのです。特に自宅での作業時には色んなところに誘惑があるので、特に重要。「何時までにここまで終わらす」と、プレッシャーを与えると、人間って意外に真価を発揮するものなんです。

すると早く作業を終えることができる

というわけで自然と睡眠時間を長くとれます。このループを上手く組むことができるともうあなたは一人前です。では余った時間で有意義な睡眠をとりましょう。

たくさん寝ることでさらに集中力が増す

寝すぎはよくないですが、しっかりした睡眠はほんとに気持ちいいものです。よくドラマとかで「うーん…朝かぁ!」と伸びをして起きるシーンを見ると思いますが、ほんとあんな感じで起きれます。ちょっといいですよね、あれ( ̄ー ̄)

日々時間を意識して行動することがいい睡眠に繋がる

このように日々時間をコントロールできるようになると、頭がすっきりした状態で起きれ、集中力がさらに増し、またまた作業の効率があがり、今度はもう少し作業を進めるとこもできるようになっていきます。いいことづくめのスパイラルですね☆

ふだんからこの意識を持つのは難しいですが、何か長い時間がかかりそうな作業をやるときは、時間制限をもうける癖をつけるといいですよ(*´ω`*)

おまけ – 『ブログ執筆中に”寝落ち”するスヌーピー』

「あかん、限界…」

”寝落”するスヌーピー



寝落ちは一番効率悪いよな~(^_^;)

スヌーピー「こころに残ったらシェア頼んます!」
follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事もいかがですか?

この記事の関連カテゴリ

プロフィール

プロフィール画像べーくんと申します。 このブログは『どこを読んでもおもしろい、ためになる』を目指し運営しております。そしてスヌーピーと関係のない記事に画像をさりげなく挿入し、スヌーピーのファンを増やすまったく新しいマーケティングに挑戦中。
さらに詳しい運営についてはこちらへ。感想、意見、依頼などありましたら、下記からご連絡ください。

RSSフィード