【ものづくりを仕事にするということ】作曲家久石譲さん著『感動をつくれますか?』

久石譲『感動をつくれますか?』

ジブリ映画の作曲家として有名な久石譲さん著『感動をつくれますか?』を読んでいます。まだ全部読んでませんがいきなり素晴らしい内容のことが書かれていたので、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

書評『感動をつくれますか?』

ものづくりを仕事にするとは?

ものをつくることを職業としていくのは、一つや二ついいものができるだけではダメだ。生涯に一作であれば、誰でもいい曲がつくれる。小説だって書けるし、映画だって撮れる。必要最低限のスキルを身につけて本気で取り組めば、どんな人でも立派な作品を生み出すことができる。

だが、仕事は“点”ではなく“線”だ。集中して物事を考え、創作する作業を、次へまた次へとコンスタントに続けられるかどうが。それができるから、作曲家です、小説家です、映画監督ですと名乗って生きていける。

”作り続ける”ってところが仕事に出来るか出来ないかだと思うんですよね。僕も作曲をしていた時期があるのでよく分かりますが、ある一定のレベルの曲をある一定期間の間作り続けるのはほんとにしんどい。。。

時間をかければもちろん自分の納得できる物は作れますが、納期を鑑みて納得のいくものを作るのは至難の業です。しかもこれを常に続けるとなると、「好きなことを仕事にするもんじゃない…」という気持ちも分かります。

久石譲という”結果を出し続ける”作曲家の考え方を知れる本

まだ途中ですが、かなりいい本の予感です。僕は継続を続けることもテーマにこのブログを運営しているので、この、”結果を出し続ける”考え方はすごい気になります。読み終えればまたこの本のいいところを抜粋して紹介したいと思いますので、ぜひ楽しみにしていてください。

では最後に久石譲さん作曲で一番好きな曲『君をのせて』でお別れしましょう♪

名曲!(`・ω・´)

おまけ『名シーンの再現をするスヌーピーたち』

「バルス!」

名シーンの再現をするスヌーピーたち



まじでやめて~(; ・`д・´)

スヌーピー「こころに残ったらシェア頼んます!」
follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事もいかがですか?

この記事の関連カテゴリ

プロフィール

プロフィール画像べーくんと申します。 このブログは『どこを読んでもおもしろい、ためになる』を目指し運営しております。そしてスヌーピーと関係のない記事に画像をさりげなく挿入し、スヌーピーのファンを増やすまったく新しいマーケティングに挑戦中。
さらに詳しい運営についてはこちらへ。感想、意見、依頼などありましたら、下記からご連絡ください。

RSSフィード