【ブロガー必読本!】『武器としての書く技術』を読むと、文章は”いい子ちゃん”である必要はないと感じます!

『武器としての書く技術』

イケダハヤトさん著の『武器としての書く技術』の”あなたの「言いにくいこと」は、誰かの「言ってほしいこと」”の部分を読んだら、「記事書きてぇ~!」という思いが止まらなくなり今書いてます!

「よっしゃ書け~!勢いも大事やで~!」

スポンサーリンク

『武器としての書く技術』を読んで響いた言葉

あなたの「言いにくいこと」は、誰かの「言ってほしいこと」

これほんとその通りです。実生活でも「あんたそれよく言った!!」と共感することめっちゃありますよね。しかし言いにくいということは、批判があると予想されるからなんですよね。でも恐れずに言う。このあたりの”勇気”が評されるんでしょう!

炎上”なんて言葉もありますし、今は企業だけでなく個人も標的になります。正直こわいです。でもイケダさんはこう述べています。

文章を書いて、何かしら人の心に届かせたいと願うならば、誰かの目を気にしていてはいけません。

勇気と覚悟がすごいと思いました。僕も読者の心に何か残し好きになってもらいファンになってもらい、そしてしらずしらずにスヌーピーの刷り込みも行っていきたいので、いつまでも”いい子ちゃん”ではだめですね!

おまけ  というわけで、スヌに言いたいことを代弁してもらった

カツラをかぶったスヌーピー
「あの人、カツラやんね」



あんたそれよく言った!!(`・ω・´)

スヌーピー「こころに残ったらシェア頼んます!」
follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事もいかがですか?

この記事の関連カテゴリ

プロフィール

プロフィール画像べーくんと申します。 このブログは『どこを読んでもおもしろい、ためになる』を目指し運営しております。そしてスヌーピーと関係のない記事に画像をさりげなく挿入し、スヌーピーのファンを増やすまったく新しいマーケティングに挑戦中。
さらに詳しい運営についてはこちらへ。感想、意見、依頼などありましたら、下記からご連絡ください。

RSSフィード